タロットについて

タロットとは

tarot2

タロットカードは、遊戯や占い(タロット占い)などに使用されるカードのこと。

78枚で1組となった物が一般的で、その内訳は1~10までの数札と4枚の人物札で構成される、4種類(剣、硬貨、棒、聖杯)の計56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられる。

  • 小アルカナ:56枚(剣、硬貨、棒、聖杯:各14枚)
  • 大アルカナ:22枚(魔術師、皇帝、死神、世界など)

日本では、小アルカナは大アルカナに比べ比較的認知度が低く、一般語のタロットは大アルカナのみを指す場合が多い。

1講座90分
大アルカナ全10回
小アルカナ全10回(条件、大アルカナ終了の方)
プロ講座全4回(条件、上記2講座終了の方)

上記はベースになります。
人数や進み具合で多少の前後はあると思います。
プロ講座後の補習は別途行います。

タロットの読み方はもちろん、過去の例題、読み方のヒント、アプローチのやり方など、全くタロットを知らない方でも基礎的な占いはできるようになります。